箱根関所完全復元への道のり / 箱根関跡保存整備事業 / 伝統技術も復元する
石工の技術(仕上げ)
『クリック』拡大します。
『クリック』拡大します。
 江戸時代から残る箱根関所の石垣では、人の目に触れる所には石のツラを平坦に整形する「ノミ切り」の仕上げが施されています。表面を見ると当時の石工がノミで削った痕が良く残っています。
 修復で新しく補った石材にも、同じようにノミ切り仕上げを施します。石切ノミを当て、セットウで叩きながら、石の正面を平坦に削っていきます。
 このように、機械に替えることが出来ない伝統的な石工の技術は、これから将来も必要なことです。頼もしいことに、箱根関所の石垣修復には若い石工も参加していました。