箱根関所完全復元への道のり / 箱根関跡保存整備事業 / 伝統技術も復元する
石垣の技術(割石積・打ち込みはぎ)
『クリック』拡大します。
『クリック』拡大します。
 大番所・上番休息所の裏側(湖側)では、「割石積・打ち込みはぎ」となっています。これは、石材を割って形を整え、積み石同士の間には詰石を打ち込んで積上げる方法です。ここは急斜面を保つための土留め石垣であり、その役割を果たすために積まれたものでしょう。
 箱根関所の石垣は、江戸時代から残ってきたものや、発掘調査で発見されたものを積み直し、足りない所を補ったものです。復元された建物もさることながら、当時の石工の手のあとが残る石垣もぜひお楽しみ下さい。