箱根関所完全復元への道のり / 箱根関跡保存整備事業 / 伝統技術も復元する
石垣の技術(切石積・切込みはぎ)
『クリック』拡大します。
『クリック』拡大します。
 江戸口御門と京口御門の両側にある石垣です。ここでは、大きい石を精巧に切り込み、隣同士の石の間(合羽:あいば)には刃物も入らないくらいピッタリと合わせられています。
 このような積み方を「切石積・切込みはぎ」といいます。また、積石の表面はほとんど平滑に仕上げられています。これは「ノミ切り」という仕上げで、熟練した石工が石切ノミで丹念に仕上げたものです。
 江戸口・京口両御門は箱根関所の顔であり、その石垣も「見せ場」として強く意識してつくられたことがわかります。