箱根関所完全復元への道のり / 箱根関跡保存整備事業 / 伝統技術も復元する
石垣の技術
『クリック』拡大します。
『クリック』拡大します。
 箱根関所は、旧東海道が芦ノ湖畔を通る中で、最も山が迫ったところにつくられています。これは、街道の守りとして巧みに自然地形を利用した結果です。
 その地形利用を可能にしたのが石垣の技術です。
江戸時代時代、関所の造作にあたっては山の斜面を切り、湖側に盛土して、大番所や足軽番所などが建つ平坦地をつくっています。この切土斜面、盛土斜面に石垣を積んでいるのです。この箱根関所の石垣では、いろんな石の使い方をしています。
 場所毎に使い分けされた石垣の技術を見学してください。