箱根関所完全復元への道のり / 箱根関跡保存整備事業 / 伝統技術も復元する
杉並木(根接ぎ)
『クリック』拡大します。
『クリック』拡大します。
 箱根の旧街道には、江戸時代に植えられた杉並木が今も残っています。箱根関所のすぐ北側(新谷町地区)にも樹齢約350年の杉並木があります。しかし、これらの老木は環境の変化や様々な要因によって弱ってきており、このままでは枯れてしまう恐れがあるのです。そこで、杉の根が土の中の栄養分を上手に吸い上げて丈夫で長く生きられるように、杉根の根接ぎ治療を行いました。
 根接ぎは、弱った老木の根に別の若木の根を接いで元気を取り戻す方法で、古くから行われています。先ず、杉の根元の土を取り除きます。
 次に、弱った杉の太い根を少し削って、元気な杉の根を貼り付けます。
 これらの根が接合しやすいように特殊な薬品を付け、ミズゴケで覆います。その後、発根促進剤をかぶせさらに土をかぶせて元通りにします。
 そしておよそ1〜2年後には、接いだ根の先に毛細根が成長して、栄養分を上手に吸い上げられるようになります。
 このように杉並木がいつまでも元気な姿でいられるように手助けをしています。