箱根関所完全復元への道のり / 箱根関跡保存整備事業 / 伝統技術も復元する
栩葺板製作道具(なた)
『クリック』拡大します。
『クリック』拡大します。
 ナタで白太の部分を取り去り、赤身のみとなった材料のかたちを整えながら徐々に必要な板の厚さへと割っていきます。割った板は銑(セン)と呼ばれる道具丸太を使ってささくれを削り、製材の完了です。
 大木を割るために使用するナタと楔(くさび)です。このナタを槌(つち:おおきな木づち)で丸太に割れ目を設け、仕上げに楔を挟み込んで丸太を割ります。