箱根関所完全復元への道のり / 箱根関跡保存整備事業 / 整備の歩み
調度品の復元
『クリック』拡大します。
 江戸時代に箱根の関所役人が書き残した「箱根関所日記書抜」などの資料を詳細に分析すると、箱根関所の各建物の中にさまざまな調度品や武器・武具などが置かれ、どのような役割の役人や足軽が何人いたのかという事がわかりました。
 箱根関所の復元工事では、建物や石垣などのほか、これらの調度品や武器・武具などの復元を行うとともに当時の様子がわかる人形などの配置を行い、往時の様子をしのぶことができます。