関所こぼれ話 / 箱根関所あれこれ
関所の渋滞
『クリック』拡大します。
 箱根関所では、「出女」の取調べが行われていました。女性の旅人が持参した証文が本物であるか、その証文に書かれている女性の特徴と本人とが同じであるか、どこから来てどこへ行こうとしているのかなど、事細かに聞き取り調査が行われました。江戸時代の末期には、そのために時間がかかってしまい、関所を通る旅人が京口や江戸口の御門の前で待たされて渋滞が起きてしまいました。